第31回わんぱく相撲全国大会のご報告

  • 08月02日(日)
  • 東京両国国技館
第31回わんぱく相撲全国大会が8月2日(日)東京・両国国技館にて開催されました。「RESPECT~互いを敬い思いやる心~」をテーマに全国から集まった各地大会の上位入賞者である子ども達が土俵で競い合いました。京都からもわんぱく相撲京都大会を勝ち抜いた男子4年、5年、6年生の代表が参加しました。予選を勝ち抜いた4年生代表武甕仁君、5年生代表藤田樹君、6年生代表竹林春平君は、残念ながら共に2回戦敗退という結果になりましたが、前日には力士と触れ合いながら相撲部屋で一泊するなど、貴重な経験をすることができました。
緊張の中にも一生懸命に相手に挑む姿、負けた時の悔しい表情から彼らが多くの気づきと学びを得られたと思います。そして私達も彼らの純粋な相撲に対する向き合い方、対戦相手でありながらも敬う心など、多くの学びを得られました。
  •