徳育授業

【第14回目】徳育授業(京都市立養徳小学校)

日時 2014年12月16日(火)

場所 京都市立養徳小学校

徳育出前授業最後となる第14回目は、京都市立養徳小学校の子ども達へ「はたらくということ」をテーマに、徳育実践委員会メンバーのそれぞれの仕事についてお話をし、はたらき方や考え方を知っていただくことで、たくさんの「はたらく」によって社会がなりたっていることの当たり前に感謝する心を育んでもらいました。


 

  
 

子ども達が知っている仕事を発表していただきました

不動産の仕事について話す久保新々委員

鉄工所の仕事について話す三好健二委員

経師の仕事について話す大入祥平委員DSC_0258

「傍楽」と書いて「はたらく」と読む意味について説明する大入祥平委員

「今日の振り返りシート」を配布するメンバー

授業後「ありがとうございました」のお礼をいただきました

授業後、今日の振り返りの時間が持たれました。最後にT.Jポーズで集合写真

【第13回目】徳育授業(京都市立藤森小学校)

日時 2014年11月13日(木)

場所 京都市立藤森小学校

徳育授業第13回目は、京都市立藤森小学校の子ども達へ「字が読めるということ」をテーマに開催され、あたり前に教育を受けられ、字が読めることで情報交換や意思疎通が当たり前にできることに感謝する心を育んでもらいました。 

 
 
 
 
 

村上副理事長、細見幸司委員によるアイスブレイク

大入祥平委員による授業の様子

畑本義充允委員による授業の様子

当たり前だけど当たり前でないことについて子ども達に発表いただきました

本日も無事に授業を終えた徳育実践委員会のメンバー

【第12回目】徳育授業(京都市立御所南小学校)

日時 2014年11月6日(木)

場所 京都市立御所南小学校

徳育授業第12回目は、京都市立御所南小学校の子ども達へ「はたらくということ」をテーマに、徳育実践委員会メンバーのそれぞれの仕事についてお話をし、はたらき方や考え方を知っていただくことで、たくさんの「はたらく」によって社会がなりたっていることの当たり前に感謝する心を育んでもらいました 

 
 
 

徳育出前授業前の徳育実践委員会メンバーの打合せ

佐々木隆吏委員、山下直毅副委員長、澤井美智子委員による アイスブレーク

徳育実践委員会メンバーの仕事について子どもたちに話をしました

無事に徳育出前授業を終えた徳育実践委員会のメンバー

【第11回目】徳育授業(ノートルダム学院小学校)

日時 2014年9月10日(水)

場所 ノートルダム学院小学校

徳育授業第11回目は、「字が読めるということ」をテーマに開催されました。ノートルダム学院小学校にて合計4クラスの授業が行われ、「字が読めるということ」をテーマに、あたり前に教育を受けられ、そのことによって情報交換や意思疎通ができることに感謝する心を育んでもらいました。

 
 

ノートルダム学院小学校での徳育授業になりました。合計4クラスの授業が行われました

 

 

大入祥平委員、久保新々委員、藤原圭総括幹事、西村典晃委員によるアイスブレイク

 


大入祥平委員、久保新々委員、藤原圭総括幹事、西村典晃委員による授業の様子 文字を読むことができなかったら、大変なことになるということを学んでいただきました

 


あたり前であるけど、本当はあたり前ではないことについて発表をいただきました。そして、「有難う:ありがとう」について、学んでいただきました

 


「今日の振り返りシート」、「感謝!ありがとう短冊カード」を書いていただきました。

   


無事授業を終え、子ども達から「ありがとう」と言ってもらえました

   


子ども達と一緒に給食をいただきました 授業を通し楽しい時間を子ども達とつくることができました

 


徳育実践委員会の振り返りの時間。徳育授業お疲れ様でした!!子ども達からたくさんの手紙をいただきました。徳育授業お疲れ様でした!!

 

【第10回目】徳育授業(つみき児童館)

日時 2014年9月8日(月)

場所 つみき児童館

徳育授業第10回目は、つみき児童館の子ども達へ「アリガトウをみつけよう」をテーマに、絵本を読み聞かせ、自分の周りにあるたくさんの「アリガトウ」について考える場を作り、発表をしていただきました。

 
 

「アリガトウ」について子ども達と一緒に考える荒尾正久セクレタリー、灰塚信高運営幹事、藤原圭総括幹事、細見幸司委員

 

徳育授業に臨む徳育実践委員会のメンバー

久保新々委員。細見幸司委員によるアイスブレーク



久保新々委員が絵本「アリガトウをみつけよう」の語り手となり、子ども達に自分達の直ぐそばにある「アリガトウ」について考え、発表をしていただきました

 


感謝!ありがとう短冊カード」、「今日のふりかえりシート」を書いていただきました

 


無事に授業を終えた徳育実践委員会メンバー。「アリガトウ」を子ども達から言っていただきました

   


山下耕平委員長による次回に向けてのふりかえりの時間。第10回徳育授業(T・J)!お疲れ様でした

   

【第9回目】徳育授業(洛央小学校)

日時 2014年9月7日(日)

場所 嵯峨児童館

徳育授業第9回目は、「はたらくということ」をテーマに開催されました。洛央小学校の徳育授業は、様々な人のはたらき方や考え方を知っていただき、たくさんの「はたらく」によって社会がなりたっていることの当たり前に感謝する心を育んでもらいました。

 
 

授業を前に打ち合わせをする山下耕平委員長と畑本義允委員

最終打ち合わせをする徳育実践委員会のメンバー

メンバー全員でご挨拶をした後、授業が始まりました。



子ども達が知っている仕事について発表していただきました

   


授業を見守る灰塚信高運営幹事と田中聖子セクレタリー

 


育実践委員会メンバーのそれぞれの仕事について説明をしました

 


山下耕平委員長より、「傍楽」はたらくについてのお話がありました

 


「今日の振り返りシート」を配布する山下直毅副委員長と田中聖子セクレタリー

   


授業を終え子ども達から「ありがとうございました」のお礼の言葉をいただきました

   


授業の後、委員会での「今日の振り返り」の時間が持たれました。最後に学校を紹介いただいた薮下敏也委員長を交えた集合写真(T・J)!!第9回授業お疲れ様でした!!

   

【第7回目】徳育授業(嵯峨児童館)

日時 2014年8月19日(火)

場所 嵯峨児童館

嵯峨授業第7回目は、前回に引き続き「アリガトウをみつけよう」をテーマに開催されました。「アリガトウをみつけよう」の絵本についてのお話を通し、自分の周りにあるたくさんの「アリガトウ」について考え、発表をしていただきました。

 

久保新々委員、大入祥平委員による授業を見守る徳育実践委員会のメンバー

 


佐々木隆委員が絵本を読み、「アリガトウをみつけよう」のお話をお子様しました。お子様には、自分達の直ぐそばにある「アリガトウ」について考え、発表をしていただきました。

   


お子様と一緒に「アリガトウ」について考える山下耕平委員長。

 


無事に授業を終えた徳育実践委員会メンバー。次回に向けてのふりかえりの時間、徳育授業お疲れ様でした。

 

【第6回目】徳育授業(向島南児童館)

日時 2014年8月18日(月)

場所 向島南児童館

徳育授業第6回目は、「アリガトウをみつけよう」をテーマに開催されました。向島南児童館のお子様へ「アリガトウをみつけよう」の絵本についてのお話を通し、自分の周りにあるたくさんの「アリガトウ」について考え、発表をしていただきました。
徳育授業に臨む荒尾正久委員、大入祥平委員。お二人のアイスブレークにより授業が始まりました。

 


大入祥平委員が「アリガトウをみつけよう」絵本の語り手となり、お子様には自分達の直ぐそばにある「アリガトウ」について考え、発表をしていただきました。

 


「今日のふりかえりシート」、「感謝!ありがとう短冊カード」、「アリガトウをみつけよう」の絵本を配布する徳育実践委員会メンバー。

 


お子様と一緒に「感謝!ありがとう短冊カード」を考える田中聖子セクレタリーと徳育実践委員会メンバー。

 


無事に授業を終えた徳育実践委員会メンバー。「アリガトウ」をお子様から言っていただきました。徳育授業お疲れ様でした。

 

【第5回目】徳育授業(大宅児童館)

日時 2014年7月24日(木)

場所 大宅児童館

徳育授業第5回目は、「字が読めるということ」をテーマに開催されました。 大宅児童館のお子様を前にして、徳育実践委員会のメンバーが講師となり、第4回目の授業と同様に、感謝をする気持ちの大切さについてお話をしました。
徳育授業に臨む久保新々委員、大入祥平委員。
お二人のアイスブレークにより授業が始まりました。

 


久保新々委員、大入祥平委員による授業を見守る徳育実践委員会のメンバー

 


当たり前であるけど、本当は当たり前ではないことについて、考え、発表をいただきました

 


「今日のふりかえりシート」、「感謝!ありがとう短冊カード」配布する徳育実践委員会メンバー

 


子ども達と一緒に「感謝!ありがとう短冊カード」を考える山下耕平委員長と徳育実践委員会メンバー

 


徳育授業を通して、大宅児童館の子ども達と和やかな場を作ることができました。

 


次回開催に向けての徳育実践委員会メンバーのふりかえりの時間。

 


無事に授業を終えた徳育実践委員会 (T・J)のメンバー。徳育授業お疲れ様でした!!

 

【第4回目】徳育授業(京都市立高倉小学校)

日時 2014年6月27日(金)

場所 京都市立高倉小学校

徳育授業第4回目は、「字が読めるということ」をテーマに開催されました。
高倉小学校の徳育授業は3クラスに分かれて開催され、徳育実践委員会のメンバーが講師となり、多くの小学生に当たり前に教育を受けられることに対する感謝する気持ちを養っていただきました。

徳育授業に備えて打合せをする山下委員長、松田委員、細見委員、佐々木委員

細見委員と佐々木委員によるアイスブレーク

木村委員と畑本委員による授業の様子

松田委員、稲葉委員、大入委員の授業の様子

小学生の意見に耳を傾ける山下耕平委員長

小学生の意見に耳を傾ける畑本委員

宿題の「今日のふりかえりシート」を配布する荒尾委員

次回開催に向けてのメンバーでのふりかえりの時間

次回開催に向けて一致団結する徳育実践委員会のメンバー

【第3回目】徳育授業(京都市立春日野小学校)

日時 2014年6月23日(月)

場所 京都市立春日野小学校

徳育授業第3回目は、「はたらくということ」をテーマに開催されました。 春日野小学校での徳育授業第3回目は、様々な人のはたらき方や考え方を知っていただき、たくさんの「はたらく」によって社会がなりたっていることの当たり前に感謝する心を育んでもらいました。

第三回目は春日野小学校での出張授業になりました。

今回の講師、徳育実践委員会の大入委員、山本委員、木村委員によるアイスブレイクタイム。

何のために働くかについて尋ねる大入委員。

装束の仕事について説明する木村委員。

経師の仕事について説明する大入委員。

政治家の仕事について説明する山本委員。

大入委員による授業の風景。

「感謝!ありがとう短冊カード」に書き込む児童。

宿題の「今日のふりかえりシート」の説明をする大入委員。

児童より授業のお礼をいただいたメンバー。

【第2回目】徳育授業(大原野小学校)

日時 2014年5月31日(土)

場所 大原野小学校

徳育授業第2回目は、第1回に続いて「字が読めるということ」をテーマに開催されました。今回も、日本に生まれ、あたり前に教育を受けられることに気づいていただき、そのことによって情報交換や意思疎通ができることに感謝する心を育んでもらいました。



第2回目は大原野小学校での出張授業になりました。

徳育実践委員会畑本委員と大入委員によるアイスブレイクタイム。

出張授業に備える徳育実践委員会の山下耕平委員長。

出張授業を聞き入る徳育実践委員会のメンバー。

畑本委員と大入委員による授業の様子。

畑本委員による授業の様子。

授業感想シートを配布する吉川委員。

児童より授業のお礼をいただいたメンバー。

徳育実践委員会のメンバーの皆様、お疲れ様でした。

【第1回目】徳育授業(春日野園学童クラブ)

日時 2014年4月30日(水)

場所 社会福祉法人 春日野園

徳育授業第1回目は、「字が読めるということ」をテーマに開催されました。  日本に生まれ、あたり前に教育を受けられることに気づいていただき、そのことによって情報交換や意思疎通ができることに感謝する心を育んでもらいました



澤井委員が勤める「社会福祉法人春日野園学童クラブ」にお呼びいただきました。

今回の講師、徳育実践委員会山本委員と細見委員によるアイスブレイクタイム。

ワークショップがはじまりました。世界の中で日本はどんな国?字が読めるってどういうこと?

児童に配られた紙に書かれた内容通りに行動してもらいます。

外国語と日本語の紙が配られました。

書いてある通りに行動してもらいました。外国語が配られた児童は行動できませんでした。

続いて、ペットボトルの中身は何でしょう?外国語で「水」「毒」「薬」と書かれたものから「薬」を選んでもらいます。

改めて、日本ではあたり前に字が読めること、あたり前に教育を受けられることに感謝していただけました。

グループに分かれて、日々のあたり前のことについてディスカッションをしてもらいました。

あたり前のことへの感謝の気持ちを短冊に書いてもらいました。

あたり前のことへの感謝の気持ちを短冊に書いてもらいました。

学年ごと1名に発表をしてもらい、みんなで共有してもらいました。

学年ごと1名に発表をしてもらい、みんなで共有してもらいました。

今日のふりかえりシートを記入してもらって終了です。

最後に児童から「ありがとう」を言ってもらえました。