• 新人会員募集!
  • 目安箱
  • 一般参加者の声
  • 新人会員募集!
  • 近畿地区協議会
  • 京都ブロック協議会

理事長挨拶

2012年度 理事長挨拶 山下憲太郎理事長

自分を見つめると大切な物が見えてくる。
それは自分が自分であるための自分との約束ごと。
そして自分を自分らしく輝かせてくれる、ひとやまち。
自分もひともまちもすべては一つに繋がっている。
だから、自分を見つめながらともに歩もう。
毎日を新しい一歩の始まりとして。

「個を高め深めよ絆  ~皆がともに輝くために~  」

皆様、こんにちは。
いよいよ2012年度の公益社団法人京都青年会議所が立ち上がりました。
本年度、公益社団法人京都青年会議所の理事長を一年間務めさせていただきます山下憲太郎と申します。私の今までの修練、奉仕の経験を思う存分、 持て余すことなく、強いリーダーシップを発揮し、精神誠意、一年間理事長職を全うさせていただきますことをまずはメンバーの皆様、 そしていつも我々にご賛同、ご指導いただいております市民の皆様にお約束申し上げます。

我々、公益社団法人京都青年会議所は2011年度60周年を迎えさせていただきました際に策定しました「4THE SHINIG KYOTO」の新行動指針をもとに、 本年度もこの愛する京都のまちで、我々の最大の理念であります「明るい豊かな社会の創造」のために、ひとづくり・まちづくりの多くの事業をメンバーの力を結集して 展開させていただきたいと思います。
私は2003年にこの愛する京都青年会議所に入会させていただき、多くの先輩諸兄、そして多くの同志である友人から沢山のお教えを頂戴し、沢山の事を今日まで学ばせて いただきました。その中でJC、家庭、仕事この3つのバランスを常に維持することのむずかしさを学びました。
明るいJC、暗い家庭ではだめなんです。
暗い家庭や暗い企業がある地域にどうして明るい社会を築くことができるのでしょうか。明るい家庭があり、明るい企業があってこそ、我々の理念が実現可能になるのでは ないでしょうか。JCか家庭か、JCか企業か、ではなく、JCも家庭も、JCも企業も、と考えられる今の時代に即した組織化できるよう目指したいと考えております。 我々が明るい豊かな家庭、そして企業を作り、そしてこの京都のひとびとがいつも生き生きと笑顔でいられるJC活動をともに行っていきましょう。 こんな私が理事長を務めさせていただきます、いつも笑顔、笑顔と申しておりますので、常に、365日、笑顔が絶えない、格好いいJCにともにしていきましょう。 それには私一人の力でも、理事だけでの力でも到底及びません。行政、企業、市民の皆様のお力を引き続きお借りし、また多くのここまでの京都青年会議所の歴史と功績を 残していただきました先輩諸兄に引き続きのご指導を仰ぎ、一人ひとりがいつでも輝けるJC活動をしていきましょう。

2012年度は様々な事業を展開させていただきたいと考えていますが、継続事業をそれぞれの事業が本当に京都のまちに、そして多くの人々のためになっているのか、 今一度徹底的に検証して計画、実行していきましょう。また7月には多くの市民の皆さんに参加していただき、2012年度のスローガンであります「絆」の重要性を 感じていただける事業を、行政、企業の支援をもとに展開してまいりましょう。
また我々の理念であります「明るい豊かな社会の創造」を目指すには、そして多くの事業を今後も展開していくには、我々と共に活動していただける同士の力が必要 です。2012年度は京都青年会議所の会員拡大にも最大限力を入れていきたいと考えております。会員拡大目標に必ず達するよう、全メンバーで、また多くの先輩 諸兄のお力をお借りし取り組んでいきましょう。

結びになりますが、昨年発生しました多くの国民の尊い命を無くしました東日本大震災に対しまして引き続きの継続的な復興支援を京都青年会議所といたしまして お約束申し上げ理事長の年初の挨拶並びに全メンバー皆様へのお願いとさせていただきます。

「挑戦する勇気、まじめな姿勢」

2012年度、どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

公益社団法人京都青年会議所  理事長  山下 憲太郎

ページトップへ